快適WiMAX生活 ~さらに今ならキャッシュバック中~

 

 去年、家のネットをWiMAXに切り替えました。

最初は通信が遅いんじゃないか?とか、電波が届かないんじゃないか?なんて思ってたけど、全く気になりません。

 

しかも、通信規制が緩い?のか速度制限かかりません。

実際は3日間で10GB超えると遅くなるのだが、今まで1度も10GB超えたことがない。

 

むしろ、10GBってどうやったら超えるの?w

 

部屋中どこに置いてもいいし、小型だから邪魔にならない。

 

さらに、PC、iPadスマホ、プリンターをWi-fi接続しているので、電源ケーブルのみでいいから部屋がすっきり片付くし

 

ミニマリストにもおすすめですね。

 

それに、WiMAXにする利点はまだあって、

引っ越しの際の煩わしい手続きが必要ないってこと。

 

引っ越しの時、業者に来てもらってネット開通の手間が必要無いんですね。

WEBで住所変更するだけです。

 

今のところ不満なしです。

 

WiMAXを始めるなら【@nifty WiMAX】

身体の必須ビタミン栄養素ビオチン

ビオチンはビタミンの一種で、ホルモン検査や血液検査などに幅広く使われる一方で、ハリ・ツヤのある毛髪や皮膚等に効果的としてマルチビタミンなどのサプリに含まれることが多いと言われています。

 

そんなビオチンには人体にかかせない重要な役割を果たしているのです。

 

ビオチンはいろいろな食品に含まれているうえに、腸内細菌によっても合成されるので、通常の食生活では欠乏することはないと考えられます。しかし、稀に欠乏症状が現れることがあるそうです。

 

ビオチンが不足すると、リウマチ、シェーグレン症候群、クローン病などの免疫不全症のほか、インスリンの分泌能が低下し糖尿病のリスクが高まることが知られています。そのほか、乾いた鱗状の皮膚炎、 萎縮性舌炎、食欲不振、むかつき、吐き気、憂鬱感、顔面蒼白、性感異常、前胸部の痛みなど、さまざまな症状が現れます。

 

ビオチンは、レバー、卵黄の他、ししゃもやアサリなどの魚介類、しいたけやマイタケなどのキノコ類、ピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

 

ビオチンはビタミンサプリでも摂取することができます。

ですが、アメリカでは、高濃度に摂取にすることで検査値の異常が確認されたとのニュースにも取り上げられたので、含有量や危険性などきちんと認識したうえで摂取しましょう。

 

 

【コマンド】文字数をチェックする

rem ### チェックする文字列 ###

set INPUT_STR="ここに文字列を入力"

 

rem ### 文字数のチェック 例)10文字か ###
call :GET_STRLEN(%INPUT_STR%)
if %strlen% neq 10 (
echo 文字数が10文字以外です。

pause

)

exit  

 

rem ### 文字数のカウント ###
:GET_STRLEN
set s=%1
set strlen=-1
:LOOP_HEAD
if defined s (
set s=%s:~1%
set /A strlen+=1
goto :LOOP_HEAD
)
exit /b

【コマンド】画面上に任意の文字を入力させる

rem ### 入力モード ###
echo 文字を入力してください。
set INPUT_STR=
set /P INPUT_STR="ここに入力:"

 

rem ### 入力内容の確認 ###
set /P ANSWER="%INPUT_STR%で間違いありませんか。(y/n)?"
if %ANSWER% == y (goto yes)

rem ### NOの場合 ###

      // ここにNOの処理を記述する //

exit

 

:yes

rem ### YESの場合 ###

  // ここにYESの処理を記述する //

exit

【コマンド】データベースに接続する

rem ### データベース接続情報 ###
set server=サーバ名(IPアドレス
set db=データベース名
set user=ユーザ名
set pass=パスワード

 

rem ### SQLを実行する ###
sqlcmd -Q "ここにSQL文を記述する" -S %server% -d %db% -U %user% -P %pass%

【コマンド】日付形式(yyyyMMdd)のフォルダを削除する

rem ### 保存日数(日)###
set delDay=90  ←例:90日間保存

 

rem ### 保存期間(年月日)を取得する ###
echo WScript.Echo DateAdd("d",-%delDay%,Date()) > tmp.vbs
for /f "tokens=1-3 delims=/-" %%A in ('cscript //nologo tmp.vbs') do (
set delDate=%%A%%B%%C
)
del tmp.vbs

 

rem ### 対象フォルダパス ###
set delPath="対象のディレクトリを指定する"
pushd %delPath%
call :delFolder

 

:delFolder
rem ### フォルダ削除処理 ###
for /D %%i in (*) do (
if %%i lss %delDate% (
rmdir /s /q %%i
)
)

 

実行すると、保存期間以前のフォルダが削除される。