レンタルサーバーとは?わかりやすく仕組みを解説

 

普段、Webを利用するとき、気づかないうちにサーバからサービスの提供を受けています。
メールを送受信する際にはメールサーバ、スマートフォンでニュースを読むときにはWebサーバなど、用途によって必要なサーバはさまざまです。
 

今回は手軽に利用できるレンタルサーバーの基礎知識から、実際にサーバーを選定する際のポイント、注意点などをご紹介します。

 

  

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとはその名の通りサーバーを貸し出すサービスのことです。
ホスティングサーバーや共用サーバーとも呼ばれています。)
利用者はサーバの運営・管理をしなくてもいいように、
サーバをレンタルし(有料または無料で)、ホームページ公開の際などに必要な管理を、業者側が行ってくれるものを指します。

 

 

レンタルサーバーの利用方法とは?

現在は、ホームページ公開用のWebサーバやメールサーバとしての利用が多くなっています。
また、データベースやグループウェア(組織のスケジュールやタスクの共有やコミュニケーションを目的としたソフトウェアのこと)などのWebアプリケーションも多く利用されています。
 

 

レンタルサーバーの選び方

それでは、どのようにレンタルサーバーを選べばいいでしょうか?
レンタルサーバーを選ぶ際に確認すべきポイントを見ていきましょう。

 

同時アクセスに耐えられるサーバか

アクセス数が多いとホームページを開くまでに時間かかってしまう、なんてこともありえます。
大量同時アクセスの高負荷にも強く、速度も十分に確保できる安定したサービスを
選択するようにしましょう。

 

セキュリティ対策が万全か

メールの送受信時にウイルスにかからない為のブロック機能や
迷惑メールを排除できる機能等があります。

また、ホームページをHTTPS(常時SSL)にすることで、ウェブサイト内の個人情報などを入力するログインページなど
特定のページだけでなく、その他のすべてのページのセキュリティ強化を行います。
他にもHTTPSにすることによって、サイト信頼性の向上、検索順位に好影響、サイト高速表示など、さまざまなメリットもあります。

 

利用目的に合っているか

ホームページ作成ツールとして人気のあるWordPressを利用したり、
機能性の高い問合せフォームを構築したりする場合は、
PHPMySQLといった機能が必要となるので、
それらを提供するサービスを利用する必要があります。
機能がご自身の運用にあったサービスを選択するようにしましょう。

 

高性能でセキュリティ対策万全なレンタルサーバはこちら

↓   ↓   ↓

まとめ

いかがでしたでしょうか? レンタルサーバーについて一通り解説させていただきました。
この記事を参考にして、必要なサービスを検討していただければ幸いです。